~犬のあいちゃんと一緒~

人と犬や猫がパートナーとして生きていく社会

ペットショップの生体展示販売をなくす

11/26(土)の朝日新聞デジタルのニュースで、

素敵なものがありました。

 

滋賀県の温泉施設の看板犬「さくら」

施設のアイドル的存在です。

 

さくらは迷い犬としてやってきました。

白と薄茶色の毛が混じっていて、柴犬に似ています。

 

桜が満開の時期にやってきたから「さくら」と名づけられました。

 

みんなにかわいがられて過ごしていましたが、

その後ガンであることがわかります。

 

スタッフからのカンパ。

そして、施設のフロントの募金箱には、

たくさんの方々からの募金が集まりました。

 

さくらの手術は成功☆

 

しっぽを振って近寄ってくる姿に「かわいい」と

声をかけて顔をなでてもらうなど、

みんなに愛されています。

 

このような内容のニュースでした。

 

施設スタッフやお客さん、地元の方々など

多くの人たちが協力してさくらを育てている様子から、

とても温かい雰囲気が伝わってきます。

 

人間と動物の共生のお手本になるのではないでしょうか。

 

犬を飼うなら、迷い犬や保護犬を飼う。

ペットショップで命を買う(=生体展示販売)のはもうやめにしよう。

 

これが実現していくように、少しずつ社会が動いていることを感じます。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

朝日新聞デジタル 11/26(土)10:34配信

『迷い犬「さくら」、温泉施設の人気者

 募金で腫瘍を手術』

http://www.asahi.com/articles/ASJCQ678GJCQPTJB01P.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -