読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あいちゃんと一緒~

人と犬や猫がパートナーとして生きていく社会

ペットショップの生体展示販売をなくすー2

東洋経済 2016/9/10号』に、杉本彩さんと佐藤優さんの対談がありました。

 

日本のペット流通における、

「生体展示販売と殺処分の根深い関係」についてのお話です。

 

そもそも、ペットショップで動物を陳列して販売する、

ということ自体が、殺処分を招いています。

 

かわいい仔犬の時期に売れなかった動物や、流通過程で病気になって

しまった動物たちは、どこに行くのか。

このことについて、ほとんどの人は深く考えないでしょう。

 

ナチスドイツのように、

書物を焼くような国は必ず人を焼くようになる。

そして動物を焼く国は、必ず人を焼くようになる。

だからこそ、殺処分の停止というのは喫緊の課題。

同時に生体展示販売も罰則付きで禁止すべき。」

という佐藤優さんの言葉は重いです。

 

また、杉本彩さんも、

「殺処分が減っても実態はかわらない。

生体展示販売を止める必要がある。

まず、京都で生体展示販売をやめたい。」

という趣旨のお話をされています。

 

動物と暮らしたいときは、譲渡会で保護動物を引き取る。

または、心ある正当なブリーダーから、然るべき手続きを踏んで買う。

 

「ペットを飼う」という発想ではなく、「命ある動物と人生を共に歩む」

という意識で動物と関わっていきたいと思います。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『週刊 東洋経済 2016 9/10』

~みんなペットに悩んでる~

東洋経済新報社

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -