~犬のあいちゃんと一緒~

人と犬や猫がパートナーとして生きていく社会

二本あしのワンコ、すみれちゃんのその後・・・

2016年11月6日の「二本あしのワンコ、すみれちゃん」

の記事のその後について。

 

2016年4月の事故で2本あしになってしまったすみれちゃん。

頑張って手術を乗り越え、

数か月後には車椅子で走れるまでに回復していました。

 

現在では、なんと、車椅子なしの2本あしで走り回れる

ようになっています!

その様子は、You tubeで見ることができます。

 

すみれちゃんが事故をしたときの警察署や市の対応について、

当時からいろいろな意見が出ていました。

 

現在は、市内の2警察署に土、日曜もつながる市担当職員の携帯番号

を伝えるなどの改善がなされているといいます。

 

ただし、保護された動物が怪我をしていた場合の治療費について、

まだ良い解決策がありません。

行政に予算を組んでもらうようにしても、限界があるでしょう。

 

やはり私たち飼い主が、生命の大切さを重く受け止め、

責任をもって終生お世話をするという意識を高めていくことが

第一なのだろうと感じています。

 

ただ、もう少し行政側の対応にも期待したい部分もあります。

動物愛護については、ボランティアの方々の温かい愛情の力が

大きいのが現状です。

 

行政だからといって、杓子定規な対応しかしてはいけないと

いうことはないと思います。

 

感情を持つ人間が関わっているのですから、

怪我をしていたら、治療をするということが当たり前だと

感じられる感性を取り戻していきたいです。

 

そのような社会になっていくようにしたいです。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【参考サイト】

 

sippolife.jp

 

 

www.asahi.com