~犬のあいちゃんと一緒~

人と犬や猫がパートナーとして生きていく社会

『動物の命は人間より軽いのか』

図書館の棚でこの本をみつけたとき、

題名の問いかけにドキッとしました。

 

2005年に初版が出版されたもので、

副題に、「世界最先端の動物保護思想」とありました。

 

表紙の絵も印象的です。

海の上で今にも沈んでしまいそうな木船に、

4人の人間と1匹の犬が乗っています。

人間は4人とも、犬の方じっとみています。

犬は悲しそうな顔をしています。

 

本の内容は、表紙の犬の表情のように悲しいものです。

また、表紙の人間のような思いを知らず知らずのうちに

持ってしまっていないかと、自分に問いかけながら

読まないといけないものでした。

 

「どうしてあなたはそんなに重要なのか」

 

本を読み終わった後も、

この問いかけが頭の中から離れません。

 

この地球ですべての生物が共生するために、

人間ができることはたくさんあるのだと思います。

 

いつでもまっすぐで素直に生きている動物たちを

守ることは、私たち人間の社会が豊かになることにも

つながっていくはずです。

 

心の豊かさを育てていくことが大切だと感じました。

そのためにどうしたらいいのか・・・。

 

この本を何度も読んでもっと学びたいと思い購入しました。

また、考えを深めて記事を書きたいと思います。

 

 

 

動物の命は人間より軽いのか - 世界最先端の動物保護思想

動物の命は人間より軽いのか - 世界最先端の動物保護思想