~犬のあいちゃんと一緒~

人と犬や猫がパートナーとして生きていく社会

『どうぶつたちへのレクイエム』

動物収容施設のことを詳しく知ったのは、

この本がきっかけでした。

 

人間の都合で命を絶たれてしまう動物たちの写真。

まだあどけない仔犬もいます。

とても悲しそうな表情をしています。

 

きっと、飼い主さんのお迎えを待っているのでしょう。

 

「ぼくは、

 自分でできる

 ことがあったら

 してあげたかった。」

 

という小学生の言葉がありました。

 

私も同じことを思いました。

 

保護された動物を引き取って、

里親探しをされている方もいらっしゃいます。

 

私はそれをする余裕がないので、

NPO法人日本レスキュー協会」という、

犬の保護活動と、災害救助犬・セラピードックの

育成を行っている団体に、定期的に寄附をしています。

 

この本は2005年に出版されています。

今は2016年。

 

11年の月日が流れていますが、状況は良くなっているのでしょうか。

 

この問題を解決するには、法律も含めていろいろなことを

変えていく必要がありそうです。

 

もっと調べてみようと思っています。

1日も早く、動物たちの命を大切に守ることのできる

豊かな社会になるように、自分のできることをしたいです。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

どうぶつたちへのレクイエム

どうぶつたちへのレクイエム